ニュース

高知ニュース

全国ニュース

サムライせんせい市原隼人意気込み語る

17年06月25日(日) 16:24

映画「サムライせんせい」は、幕末の志士・武市半平太が現代にタイムスリップするというストーリーで、人気俳優の市原隼人さんが主演を務めほとんどのシーンが高知ロケで撮影される。クランクインを前に24日夜、高知市で開かれたパーティーで市原さんは「高知の人の協力がなければここまで来られなかった。しっかりとした作品として恩返しできるよう努力する」と映画への意気込みを熱く語った。高知ロケは7月中旬まで行なわれる予定で、11月に高知市で先行上映される。

佐古田被告 殺人は否認

17年06月23日(金) 19:36

殺人や死体遺棄の罪などに問われているのは、高知市神田の無職・佐古田瑞穂被告(41歳)。この事件は去年10月、愛媛県砥部町の山中で土佐町土居の無職・松崎裕三さん(当時44歳)が遺体で見つかったもので、元妻で香川県高松市の無職・西尾仁美被告(45歳)などあわせて4人が死体遺棄の罪などで起訴されている。起訴内容によると佐古田被告はおととし6月、土佐町の松崎さんの自宅で松崎さんの左こめかみを拳銃で撃ち殺害した罪などに問われている。23日に高知地裁で開かれた裁判員裁判で佐古田被告は、死体遺棄などについては起訴内容を認めたが、殺人については「間違いがある」と起訴内容を否認した。判決は7月7日に言い渡される予定。

まんが甲子園 県勢4校予選突破

17年06月23日(金) 19:33

「まんが甲子園」の予選審査は8月の本選大会に出場できる33校を選定するもので、23日午前10時から県庁で行われた。26回目となった今年は、42都道府県の297校と韓国・台湾・シンガポールの海外オープン参加10校を含む合わせて307校から応募があった。予選のテーマは「二刀流」と「○○ファースト」で、県出身の漫画家くさか里樹さんなど6人の審査員が工夫を凝らした作品をじっくりと審査していた。審査の結果、県勢では高知東工業・高知工業・高知南・高知商業の4校が予選を突破し8月の本選への出場を決めた。

大川村 議会存続に向け県と協議開始

17年06月22日(木) 19:40

県が大川村に設置を提案した検討会は、県の幹部職員5人と大川村の副村長など5人のあわせて10人で構成され、村議会を維持するための解決策を検討していく。会の冒頭で挨拶に立った和田知士村長は、国が来月に有識者の検討会を設置することを受けて、町村総会については国にまかせるとの考えを明らかにした上で「議会の存続が大切で県と協議していく」と述べた。22日の会合では、議会の維持に向けた課題解決策の検討と県と村が共同で取り組んでいる土佐はちきん地鶏などの産業の加速化を図っていくことを確認した。議会の維持については今後、兼職兼業の禁止や議員報酬の水準の低さ、夜間や休日に議会を開くことなど4つの課題について議論していく。

ペギー葉山さんお別れ会

17年06月22日(木) 19:39

歌手・ペギー葉山さんは「南国土佐を後にして」の大ヒットから高知との縁が深まり名誉高知県人として県民からも親しまれていたが、今年4月、肺炎のため83歳で亡くなった。22日、東京で開かれたお別れの会には親交のあった歌手やタレントなど約800人が参列。歌手のジュディ・オングさんが「天国でもたくさんの人を歌で幸せにして下さい」とお別れの言葉を述べた。参列した人たちは祭壇に花を手向けてペギーさんとの別れを惜しんでいた。