ニュース

高知ニュース

全国ニュース

小学校で卒業式

17年03月23日(木) 19:00

県内の多くの小学校で23日、卒業式が行われた。このうち高知市の初月小学校では130人が思い出の校舎に別れを告げた。県教育委員会によると、ことしの県内の公立小学校の卒業生はおよそ5600人。このうち高知市の初月小学校では保護者や教員が見守るなか6年生130人が卒業式に臨み1人1人に卒業証書が手渡された。このあと吉村美恵子校長が「広い社会に目を向けて学びを広げ、夢を叶えるためにしっかり歩んでいってほしい」と言葉を贈った。そして卒業生が「6年間の思い出を胸に未来へ向かって旅立ちます」と別れの言葉を述べた。卒業生は思い出深い学びやを巣立ち、新たな生活への第一歩を踏み出した。

高知大学で卒業式

17年03月23日(木) 19:00

高知大学の卒業式が23日、高知市で行なわれ、1081人が新たなステージへの一歩を踏み出した。高知大学では今年度、人文学部や医学部など5つの学部と「土佐さきがけプログラム」であわせて1081人が卒業を迎えた。式では各学科の代表者に学位記が授与され、脇口宏学長は「苦難を乗り越える度に能力が高まる。決して孤立しないで自分自身と仲間を信じて欲しい」とはなむけの言葉を贈った。続いて、卒業生を代表して農学部の藤田珠果さんが「 」謝辞を述べた。高知大学によると、2月末時点での就職率は87.14%で、このうち県内への就職は215人、県外は544人。卒業生たちは4年間を過ごした学び舎に別れを告げ、新たなステージへの一歩を踏み出した。

三重の女子中学生誘拐 男に実刑判決

17年03月22日(水) 20:32

起訴状などによると高知市の会社役員・波川智央被告(34)は2015年11月、三重県御浜町で出会い系アプリを介して知り合った当時中学2年生の女子生徒を連れ去り、約1ヶ月自宅に寝泊まりさせたとして未成年者誘拐の罪などに問われている。22日に津地裁で開かれた裁判で水野将徳裁判長は「当時14歳であることを知りながら、母親の保護下から長期間引き離した一連の行為は心身の発達に大きな悪影響を与えかねない」などと指摘し、懲役3年6か月の実刑判決を言い渡した。

森小弁氏の孫が来高

16年12月08日(木) 09:07

太平洋の島国ミクロネシア連邦のロジャー・シゲル・モリ駐日主席公使が高知市の三里小学校を訪れた。ミクロネシアは、日本の南東約3500キロ先にある美しいサンゴ礁に囲まれた太平洋の島国で、人口約10万人。モリ駐日公使は約120年前に高知からミクロネシアに渡り島の産業発展に貢献した森小弁の孫にあたる。三里小学校では大使館職員がスライドを使って美しい海や魚たち、そしてことし世界遺産に登録されたナン・マトール遺跡など島の魅力を紹介した。高知市仁井田地区は森小弁氏の出身地で、学校の郷土資料室には地元の偉人として森小弁氏
の特別なコーナーが設けられている縁から、モリ駐日公使は三里小学校を両国の交流のスタートにしたいという思いを抱いている。モリ駐日公使は「子どもたちと会えてとても嬉しかったし前向きにもっと、子どもたちの交流が現実になっていけばと思う」と語った。モリ駐日公使は室戸市のスラリーアイスの技術や海洋深層水の施設なども視察する予定。