アンウンサーWEBルーム

2017/04/10 12:00更新

<第176回>『タタカオウ』

2017年度がスタートしました。

気がつけば私も入社22年目に突入し、
抜けない疲労と落ちない体重と戦いながら
真面目に真摯に取り組んでいきたいと思っています。



高校サッカーも新年度になり
8日からプリンスリーグや県リーグが開幕。

去年プリンスリーグ四国を制し、
プレミア昇格戦に県勢で初めて挑んだ
明徳義塾の初戦を観に行ってきました。


選手権県予選3連覇、
全国ベスト8も達成した強豪ですが、
主力メンバーが卒業し、
ほぼチームとしてはゼロからのスタートです。

加えてこの日のスタメンは、
ケガなどもあって
全国の舞台に立った経験があるのが2人だけ。
サイドから積極的に仕掛けて
試合の主導権を握りながらも
後半のアディショナルタイムで追いつかれ、
悔しい勝ち点1という結果でした。

チームにとっては厳しい初戦となりましたが、
もう1度全国に行くために
何が必要なのかを感じた1戦だったのではないでしょうか。


今年はこれまで以上に
プリンスや県リーグにお邪魔したいと思っています。
(あくまで希望ですが…)

誰よりも走って、声を出して、
サッカーに情熱を注いで。

そんな高校生たちの思いやプレーを伝えられるように
96回大会に向けて準備していきます!